コンセプト

すべてのこだわりは、心地よいくつろぎと安らぎを叶えるために

姪浜駅徒歩9分

都市生活をアクティブに過ごす「機動力」を手に入れるということは同時に「時間のゆとり」を手に入れるということ。日々の仕事に、休日の一日に、より充実した価値ある生活に出会えます。

小戸公園車3分

季節とともに変わりゆく風景の美しさを感じ、やすらぎを深める暮らし。「エイリックスタイル姪浜駅ウエスト」は、自然の優しさを身近に感じたい気持ちを大切にしました。洗練された都市の中で、四季の彩りに抱かれる暮らしがはじまります。

内浜小学校徒歩9分

内浜小学校へは徒歩9分の至近にあり、内浜中学校も徒歩9分のほか、さらに近接するすみわたる保育園は徒歩1分の近さです。もちろん、教育塾も充実しており、教育環境という観点からも豊かさが感じられるエリアです。

マリノアシティ福岡車5分

九州を代表する大型アウトレットショッピングモール「マリノアシティ福岡」が身近にあり、楽しみが広がります。また、ウエストコート姪浜には、ドラッグストアやスーパーが集積しており、日々のお買い物に便利です。

全邸8.5m〜11.4mのワイドスパン設計採用

リビング

家族時間がスマートにリンクするここと弾む暮らし

家族が、私が、都心で自由に自分らしく暮らすことができる住まい。こころとからだを解放できる優しさと健やかさ。家族が豊かに心を通わせられる、趣味に熱中できる、仕事を充実させられる。26家族がマイスタイル、オンリースタイルをかなえることができるよう全タイプ陽光に満ちあふれる開放的なワイドスパン設計を採用し、しあわせを彩るライフステージをクリエイトできる住空間をご用意しました。

生活する有効面積の活用を上質な空間に、住み続けたくなる工夫を込めて

エイリックスタイルの住空間は、とくに生活する有効面積の活用に配慮しています。 生活者の思いをカタチにした、住まいの魅力にこだわった住戸プランによって、住まう方のためにできることをさまざまな視点から考えた取り組みを進めています。

リビング

間取り

1廊下が少なく空間効率の高いワイドスパン設計採用[ 8.5m〜11.3m ]

住まいのかたちをメインバルコニー面に向かって長方形に近づけることで、廊下スペースが少なくなり、同じ面積でよりゆったりと住空間を活用できるのが、「ワイドスパンプラン」の住まいです。動きやすい生活動線、陽光がお部屋の奥まで届く採光性、そして、芯々8.5m以上のワイドスパンが演出する一回り大きなゆとりは、暮らしをやさしく包んでくれます。

2プライベートで開放感を満喫できるワイドバルコニー

「エイリックスタイル姪浜駅ウエスト」は奥行き約2.0m×8.5m以上のワイドバルコニーを採用しました。ワイドバルコニーは、大空の開放感を一番身近に感じられるもうひとつのリビングともいえる場所。植栽を飾ったり、椅子やテーブルを置いて緑を眺めながらのブランチなど、様々なプライベートタイムを演出してくれます。

バルコニー

3光と風を感じる空間づくりセンターオープンサッシ設計

LDKの開口部には、中央から左右に窓を大きく開放できるセンターオープンサッシを採用。光と風が住まいの中を通り抜けていく爽快感はもちろんのこと、リビング・ダイニング、ワイドバルコニー、外部空間の連続性を高め、より一層の開放感を実感することができます。

サッシの図

4室内に柱型が出ないため、すみずみまで使えるアウトフレーム設計

躯体柱を室外に出したアウトフレーム設計を採用しました。柱型が室内に出ないため、部屋をすみずみまで利用することができ、広がりのある住空間を演出しました。

フレームの図

5空に近い席で開放感を堪能。ワイドスパンバルコニーとガラス手摺

ワイドスパンバルコニー部分には採光性に優れたガラス手摺を採用。明るい室内はもちろん、開放的な居住空間を実現します。

窓のイメージ図

6暮らしがもっと豊かに、使いやすく。広々空間

玄関前のゆとり空間、広々としたアルコーブ 住戸玄関と共有廊下との間にアルコーブを設置。住まいのプライバシー性を高めました。 玄関

71 住戸に1 区画のゆとり。住戸前サイクルポート完備

各住戸の前には専用の自転車置き場スペースを確保しています。お子様の三輪車や大切な自転車の保管に便利です。 自転車